カルディ「DFE ルーロー飯の素」は豚ひき肉で作ってもおいしい!

DFE ルーロー飯の素 豚ひき肉バージョン

台湾庶民料理の「ルーロー飯」が簡単に家庭で作れる「DFE ルーロー飯の素」。

以前は「豚バラ肉ブロック」で作り、そのおいしさに感動しました。

しかし、脂身が多いため、少し胃に負担がかかったのも事実。

でも、おいしいから食べたい!

…ということで今回は、「豚バラ肉ブロック」を「豚ひき肉」に変えて作ってみました。

カルディ「DFE ルーロー飯の素」

DFE ルーロー飯の素

DFE ルーロー飯の素(カルディ楽天市場店)

以前もこのブログで紹介した、「ルーロー飯の素」。

ルーロー飯(魯肉飯)とは台湾の国民的料理の一つで、バラ肉などの脂身がある豚肉を甘辛く煮込み、煮汁ごとご飯にかけて食べる料理です。

以前は「豚バラ肉ブロック」を使って調理しました。

関連記事➡カルディ「DFE ルーロー飯の素」は本場台湾の味わいが再現できる本格派!

豚バラ肉ブロックは脂身が多い分旨味もたっぷりでおいしい半面、脂身が多いゆえに食べ過ぎると「うっ…」と胃に負担がかかり少々気持ち悪くなってしまいました…。

味はとってもおいしい分、残念。

しかしこのルーロー飯の素、「豚ひき肉」でも代用可能との記載があったので、今回は豚ひき肉で調理してみました!

DFE ルーロー飯の素 作り方

豚ひき肉でも作り方は同じ

DFE ルーロー飯の素 豚ひき肉バージョンを作っているところ

作り方は豚バラ肉ブロックを使った時とまったく同じです。

量も、材料のまま豚ひき肉を400g使って作りました。

そして、できあがりがこちら▼

DFE ルーロー飯の素 豚ひき肉バージョン

見た目はそぼろ丼のようですね。

白ご飯に豚ひき肉と煮汁をかけ、ゆでたまごをそえていただきます。

味は?食べた感想

DFE ルーロー飯の素 豚ひき肉バージョン アップ

率直においしい!

そして豚バラ肉ブロックで作った時より格段に食べやすい!

脂身で気持ち悪くなることなく食べきれました♪

豚バラ肉ブロックほどの旨味はありませんが、その分あっさりと食べられます。

さらに、豚ひき肉・煮汁・ご飯がからみ合いやすく、ご飯に味が染みておいしい!

DFE ルーロー飯の素 豚ひき肉バージョンに麻辣ペッパーをかけているところ

そして、カルディオリジナルの麻辣ペッパーをかけると、スパイスの風味がプラスされます。

スパイスアップ 麻辣ペッパー(ミル付き)(カルディ楽天市場店)

私はこれをた~っぷりとかけるのが好み!

ピリッとした刺激も加わり、味も奥深くなります。

複雑なスパイスと甘辛い煮汁のコンビネーションは、クセになりますよ。

 

ということで、今回はルーロー飯を豚ひき肉で作りましたが、大成功でした♪

「DFE ルーロー飯の素」は3人分入りで 159円 (税込)大変コスパも良く、作り方も簡単。

【9月】カルディおすすめ商品ベスト5!でも1位に選んだお気に入り商品です。

時々カルディでもセールをしていたりしています♪

▼今回紹介した商品はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です